係留系による大槌湾の海洋環境のモニタリング

詳細表示

実施年度

2012

タイトル

係留系による大槌湾の海洋環境のモニタリング

課題・テーマ

課題2 海洋生態系変動メカニズムの解明
代表機関:東京大学大気海洋研究所
テーマ1 沿岸広域連続モニタリングシステムと海洋分析センターの構築
代表者津田 敦
所属機関東京大学大気海洋研究所
所属部署海洋生態系動態部門 浮遊生物分野

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2012/09/28-2012/12/31
調査頻度約3か月
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細大槌湾
調査種別
調査種別係留系・観測ブイ
調査概要
センターの浮体にセンサー類を係留し連続モニタリングデータを取得する。