東日本大震災後における、三陸アユ個体群の生態に関する調査

詳細表示

実施年度

2013

タイトル

東日本大震災後における、三陸アユ個体群の生態に関する調査

課題・テーマ

課題2 海洋生態系変動メカニズムの解明
代表機関:東京大学大気海洋研究所
テーマ2 地震・津波による生態系攪乱とその後の回復過程に関する研究
代表者河村 知彦
所属機関東京大学大気海洋研究所
所属部署国際沿岸海洋研究センター 生物資源再生分野

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2013/04/01-2014/03/31
調査頻度月に1~2回
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細鵜住居川
調査種別
調査種別フィールド調査
調査概要
東日本大震災が三陸地方のアユ資源に与えた影響を明らかにするため、岩手県内の河川においてアユの生態調査をおこなう。2013年4月から8月は遡上アユを、2013年9月から2014年3月は流下仔魚を採集する。また、測量とデータロガーの設置により、河川環境に関するデータを収集する。