大槌湾における生態系と物質循環の動態に関する調査

詳細表示

実施年度

2013

タイトル

大槌湾における生態系と物質循環の動態に関する調査

課題・テーマ

課題2 海洋生態系変動メカニズムの解明
代表機関:東京大学大気海洋研究所
テーマ3 震災に伴う沿岸域の物質循環プロセスの変化に関する研究
代表者永田 俊
所属機関東京大学大気海洋研究所
所属部署海洋化学部門 生元素動態分野

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2013/04/01-2014/03/31
調査頻度隔月
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細大槌湾
調査種別
調査種別フィールド調査
調査概要
大槌湾七戻崎沖の中央部より湾奥部の鵜住居川河口部までの範囲に面的に設けた20箇所の観測定点におけるCTD観測のほか、これらの測点の4箇所 では二スキン採水器による層別採水とノルパックネットによるプランクトン群集の採取を、12箇所ではスミスマッキンタイヤー式採泥器による堆積物の採取を行う予定。また大槌川・小鎚川・鵜住居川の河口付近で栄養塩濃度測定用の採水を行う。