志津川湾岩礁生態系調査

詳細表示

実施年度

2013

タイトル

志津川湾岩礁生態系調査

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ2 宮城県沿岸域における生態系保全調査
代表者吾妻 行雄
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2013/04/01-2014/03/31
調査頻度毎月1回調査
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細志津川湾
調査種別
調査種別フィールド調査
調査概要
志津川湾奥に設定した永久調査区においてアラメ群落のモニタリング調査を継続し、津波による砂泥堆積と地盤沈下によって光環境が悪化したと推察される深所においても群落が維持され続けるのか否かを調べた。また、志津川湾内数地点においてウニの密度、サイズ組成、年齢組成等を調べ、加入密度や成長特性を把握した。さらに、ワカメの成長を促進する技術を開発するために、養殖ワカメの成長および生産量に対する施肥の効果を試験した。