牡鹿半島岩礁生態系調査

詳細表示

実施年度

2013

タイトル

牡鹿半島岩礁生態系調査

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ2 宮城県沿岸域における生態系保全調査
代表者吾妻 行雄
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2013/04/01-2014/03/31
調査頻度月1回
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細牡鹿半島狐崎沿岸
調査種別
調査種別フィールド調査
調査概要
牡鹿半島狐崎沿岸の2つの調査区域(エリアA、エリア B)を設け、震災による地盤沈下の後の個体群あるいは群集の動態変化をモニタリングした。エリアAでは褐藻エゾノネジモク群落とウニ各種の分布や生物季節データから、これらの種間相互関係を地盤沈下や海洋環境の変動との関係で明らかにした。エリアBでは、褐藻アラメ群落におけるアラメ各個体の生残と成長過程の追跡を行い、地盤沈下後の本群落の動態を環境との関係で明らかにした。また、植食性巻貝のコシダカガンガラの分布パターンの変動や生残・成長なども調査し、アラメ群落の動態との関係を調べた。