生物モニタリングによる環境保全調査

簡易表示

実施年度

2013

タイトル

生物モニタリングによる環境保全調査

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ2 宮城県沿岸域における生態系保全調査
代表者吾妻 行雄
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2013/04/01-2014/03/31
調査頻度毎月1回調査
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細仙台湾
調査種別
調査種別その他
調査種別詳細異体類稚魚調査、遺伝子解析、干潟域の汚染調査
調査概要
仙台湾ではイシガレイやヌマガレイ等の様々な異体類が、蒲生干潟や名取川河口域を稚魚育成の場として利用している。東北地方太平洋沖地震による津波は、完全にこれらの水域を飲み込み、長年堆積していた汚染物質が攪乱されるなど、底質が大きく変化したことが危惧されている。本研究では、稚魚の再生産過程を調査するとともに、生物モニタリングにより底質汚染の実態を調査することを目的とする。・昨年に引き続き蒲生干潟及び名取川河口域で稚魚の採集調査を行い、異体類を中心に稚魚生産力の修復過程を調査する。・cyp1a1 (アリル炭化水素系系の毒物に反応して発現が上昇する遺伝子)の遺伝子発現を指標にして、フィールドで採取された稚魚の汚染程度を調査する。・実験室内で飼育した非汚染魚を採取した底質に曝露し、cyp1a1の発現を測定することにより、底質の汚染程度を調査する。・cyp1a1遺伝子のプロモーターと緑色蛍光タンパク質遺伝子(GFP)を連結した発現ベクターを作製し、トランスジェニックメダカ系統を作製する。

調査項目と取得データ

調査項目取得データ・サンプル
異体類稚魚調査干潟域における異体類稚魚の密度調査
遺伝子解析cyp1a1の発現を指標とした汚染の生物モニタリング法の開発
干潟域の汚染調査生物モニタリング法を使った干潟域底質の汚染度の判定結果

関連情報

実施(調査)窓口担当者


担当者名鈴木 徹
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

キーワード

実施年度2013
機関東北大学
調査種別その他
海域区分石巻湾
分野
海洋環境油分
海洋環境有機炭素
海洋環境油・有害液体物質の排出
海洋環境媒体:堆積物
海洋生物・生態系対象生物:魚類
海洋生物・生態系藻場・干潟分布