砂浜浅海域における漁業資源および漁場環境調査

詳細表示

実施年度

2013

タイトル

砂浜浅海域における漁業資源および漁場環境調査

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ3 宮城県沿岸域における漁業生物および干潟生物調査
代表者片山 知史
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2013/04/01-2014/03/31
調査頻度毎月1~2回程度
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細仙台湾・山元町地先
調査種別
調査種別フィールド調査
調査概要
1.市販の噴流式貝桁網について、瓦礫が存在する条件下での操業可能性・有効性に関して、曳網方法等の運用形態を含めて、当該漁業現場での実証試験を行う。この試験操業にあわせて、ホッキガイ資源調査を行う。2.漁場内の区域別の詳細な瓦礫分布マップを作成し、それに基づいて操業可能な漁場範囲を特定するとともに、瓦礫の底質中への埋没によって利用可能な漁場域が拡大する可能性について検討する。3.津波被災後の生物的・非生物的環境(底質特性、底生生物組成等)について、ホッキガイの生息環境としての視点で、経時的な変化の有無を明らかにする。