万石浦におけるアサリ稚貝の中間育成と放流効果

詳細表示

実施年度

2013

タイトル

万石浦におけるアサリ稚貝の中間育成と放流効果

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ4 宮城県沿岸域における増養殖環境調査と水産増養殖技術の開発
代表者尾定 誠
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2013/08/01-2013/12/31
調査頻度中間育成装置内は2週間ごと、放流効果調査は1ヶ月ごと
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細万石浦
調査種別
調査種別フィールド調査
調査概要
干潟造成計画が進められている宮城県石巻市万石浦を中心に、1)地元のアサリを母貝として、2)濾過滅菌海水を用いた高密度浮遊幼生飼育装置による従来の100倍以上の密度での集約的かつ省スペースで給餌飼育された幼生・稚貝の導入、3)万石浦に設置した中間育成装置による天然餌料を利用した歩留まりの高い高密度の着底稚貝育成、4)万石浦干潟での育成稚貝の放流効果の検証を行うことによって、生産レベルの実装試験を実施し、アサリ人工種苗生産の効率化・アサリ漁業の安定化を図る。 これまでアサリ種苗生産試験に関わって来た宮城県水産総合技術センターと宮城県漁業協同組合石巻湾支所が支援組織として参加することによって、本事業の研究成果を実装する体制を構築している。さらに、近隣の宮城県水産高校の実習の一環として同様に参加する体制を図り、先端技術に触れる機会を生徒に提供し後継者育成の一助とする。