小型ROV「クラムボン」を用いた海底瓦礫および生態系調査

詳細表示

実施年度

2013

タイトル

小型ROV「クラムボン」を用いた海底瓦礫および生態系調査

課題・テーマ

課題3 沖合底層生態系の変動メカニズムの解明
代表機関:海洋研究開発機構
テーマ1 漁場における瓦礫マッピングと分解プロセスの解明
代表者藤原 義弘
所属機関海洋研究開発機構
所属部署東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2013/06/29-2013/07/05
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細東北沖太平洋
調査種別
調査種別調査航海
調査概要
東北マリンサイエンス拠点形成事業のうち、JAMSTEC が実施する「海底環境の変動」に関する調査を別紙の位置図の調査海域において行う。船舶については運航を委託し、機構所有の小型ROVクラムボンのオペレーション慣熟訓練を行った後、海底面、生物、瓦礫等の観察および試料採集を行う。潜航ポイントは、これまで行った機構所有のディープトウ測線上(岩手沖)と宮城県からの要請があった南三陸町沖(宮城県沖)で行う予定である。また、上記調査海域内において、マルチプルコアラーによる採泥を行い、底質の解析を実施する。