東北津波域における海洋生態系の変動メカニズムの解明

簡易表示

実施年度

2013

タイトル

東北津波域における海洋生態系の変動メカニズムの解明

課題・テーマ

課題3 沖合底層生態系の変動メカニズムの解明
代表機関:海洋研究開発機構
テーマ1 漁場における瓦礫マッピングと分解プロセスの解明
代表者藤原 義弘
所属機関海洋研究開発機構
所属部署東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム
テーマ2 資源生物の分布・行動の把握と個体群構造の解析
代表者藤倉 克則
所属機関海洋研究開発機構
所属部署東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム
テーマ3 海洋生物資源(漁場)環境の長期モニタリング
代表者渡邉 修一
所属機関海洋研究開発機構
所属部署東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム
テーマ4 生物の栄養段階と化学物質蓄積評価
代表者大河内 直彦
所属機関海洋研究開発機構
所属部署東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム
テーマ5 生態系ハビタットマッピング
代表者北里 洋
所属機関海洋研究開発機構
所属部署東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2013/10/06-2013/11/04
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細三陸沖
調査位置図・座標リスト0045_R01_map00.pdf
調査種別
調査種別調査航海
調査種別詳細海洋調査船「なつしま」及び無人探査機「ハイパードルフィン」による調査
調査概要
「東北マリンサイエンス拠点形成事業」において当機構は、「沖合底層生態系の変動メカニズムの解明」を大目的とし、(1)漁場における瓦礫マッピングと分解プロセスの解明、(2)資源生物の分布・行動の把握と個体群構造の解析、(3)海洋生物資源(漁業)環境の長期間モニタリング、(4)生物の栄養段階と化学物質蓄積評価、(5)生態系ハビタットマッピングの5つのテーマのもと研究を遂行している。本航海では、(1)のうち、漁場における地形と瓦礫の精密マッピングおよび瓦礫分解プロセスの解明、(2)のうち、資源生物の分布の把握およびバイオトラッキング、(3)のうち海洋生物資源環境の長期間モニタリングの海水、堆積物の取得、(4)のうち生物の有害物質蓄積量の評価、を主に行う。また、地形、瓦礫マッピングや資源生物分布のデータを用い、調査後、(5)の生態系ハビタットマッピングの基礎情報として利用する。曳航式の音響調査では、高精度ソナーを用いて海底の状況把握(瓦礫や露岩分布)を把握する。

調査実施内容

調査地点図・航跡図・座標リスト
調査結果
潜航回数は12潜航(HD#1579-1590)、潜航地点については添付図参照のこと。

概要
・ 水深500m以浅の平坦地では瓦礫はほぼ皆無
・ 水深500m以深の海底谷内にはある程度の瓦礫が存在
・ 水深1,000以深は海底谷内でも瓦礫は極少
・ 瓦礫や岩の周辺は周辺の海底と比較して生物量大
・ 長期ランダー(1000m地点に事前に設置済み)を無事回収.観測データ良好
・ バイオトラッキングシステムの実海域テストを実施
・ 3Dカラーマッピングシステム(東大生産研)を用いて3D情報取得.3D情報は一部欠測.全ての測線で2Dマッピングは可能
・ SeaBat測深実施
・サイドスキャンソナー、サブボトムプロファイラーによる調査を実施

調査項目と取得データ

調査項目取得データ・サンプル
海底地形調査測深データ、後方散乱強度データ、地層データ
海底観察調査海底映像データ(地形、地質、瓦礫、堆積物)
底生生物調査底生生物の分布・種組成
長期モニタリングシステム回収
バイオトラッキング基地局設置回収

関連情報

実施(調査)窓口担当者


担当者名藤原 義弘
所属機関海洋研究開発機構
所属部署東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム

キーワード

実施年度2013
機関海洋研究開発機構
調査種別調査航海
海域区分三陸南部
分野
海洋物理水温
海洋物理塩分
海洋物理海流・潮流(流向・流速)
海洋物理潮汐・潮位・水位
海洋物理海面高度
海洋物理海氷
海洋物理津波
海洋物理シミュレーション・同化再解析
海洋物理透明度・濁度
海洋化学塩分
海洋化学溶存酸素
海洋化学栄養塩
海洋化学水素イオン濃度 (pH)
海洋化学微量元素
海洋化学有機物
海洋化学放射性同位体
海洋化学放射能
海洋化学二酸化炭素・pCO2
海洋化学メタン
海洋化学全炭酸
海洋化学アルカリ度
海洋化学シミュレーション・同化再解析
海洋環境その他
海洋生物・生態系その他
地形・地質・地球物理水深
地形・地質・地球物理地形
地形・地質・地球物理海底表面形態
地形・地質・地球物理地質層序
地形・地質・地球物理地質構造
地形・地質・地球物理堆積物
地形・地質・地球物理津波