河口・汽水域及び沿岸域における河川水の混合拡散のモニタリングとそのモデル化

詳細表示

実施年度

2013

タイトル

河口・汽水域及び沿岸域における河川水の混合拡散のモニタリングとそのモデル化

課題・テーマ

課題2 海洋生態系変動メカニズムの解明
代表機関:東京大学大気海洋研究所
テーマ7 河口・汽水域及び沿岸域における河川水の混合拡散のモニタリングとそのモデル化
代表者山崎 秀勝
所属機関東京海洋大学
所属部署海洋科学部 海洋環境学科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2013/09/09-2013/09/13
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細大槌湾
調査種別
調査種別フィールド調査
調査概要
本調査は、大槌湾においての海洋構造を観測するため、YODA Profiler, UCTDを用いた曳航観測、係留系および気象計を用いた定点連続観測、AZFP及び採水器・プランクトンネットを用いた動物プランクトン分布調査並びにTurboMAPでの乱流強度観測を行う。また、河口付近の採水、堆積物の採取及び柱状採泥を行い、微生物学的にどのような影響を及ぼすかについて調査する。6月の観測で設置した係留系の回収も行う予定である。