海洋生態系の調査研究-三陸沖合海域におけるランダー設置、採泥とCTD採水観測-

詳細表示

実施年度

2013

タイトル

海洋生態系の調査研究-三陸沖合海域におけるランダー設置、採泥とCTD採水観測-

課題・テーマ

課題3 沖合底層生態系の変動メカニズムの解明
代表機関:海洋研究開発機構
テーマ3 海洋生物資源(漁場)環境の長期モニタリング
代表者渡邉 修一
所属機関海洋研究開発機構
所属部署東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2013/10/28-2013/11/10
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細岩手県沖合海域
調査種別
調査種別調査航海
調査概要
東海大学海洋調査研修船「望星丸」岩手県沿岸調査では、海底環境をモニターするランダーの設置と、マルチプルコアラー及びピストンコアラーによる採泥、 CTDを用いた海洋観測、FRRF観測を実施する。なお、ピストンコアラーによる採泥は東海大学の事業として行われる。