三陸沖合の沈降粒子と基礎生産力

詳細表示

実施年度

2013

タイトル

三陸沖合の沈降粒子と基礎生産力

課題・テーマ

課題3 沖合底層生態系の変動メカニズムの解明
代表機関:海洋研究開発機構
テーマ3 海洋生物資源(漁場)環境の長期モニタリング
代表者渡邉 修一
所属機関海洋研究開発機構
所属部署東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2014/03/22-2014/03/28
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細三陸北部、三陸南部
調査種別
調査種別調査航海
調査概要
東北マリンサイエンス拠点形成事業(海洋生態系の調査研究)、沖合海底生態系の変動メカニズムの解明、海洋生物資源(漁場)環境の長期間モニタリングによる海洋環境モニタリングの一つで、三陸沖合における沈降粒子の組成と海洋表層の基礎生産力、合わせて海洋環境情報を集積する。