女川湾岩礁生態系調査

詳細表示

実施年度

2014

タイトル

女川湾岩礁生態系調査

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ2 宮城県沿岸域における生態系保全調査
代表者吾妻 行雄
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2014/07/01-2014/07/31
2014/10/01-2014/10/31
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細女川湾
調査種別
調査種別フィールド調査
調査概要
女川湾内に設定した7つの調査地点で、海図水深0 mを基点とし沖に向かって長さ100mあるいは深さ10 mに至るまでの調査ラインを設置し、水深1mごとの各水深に1m×1mの方形枠を10枠設置する。枠内のキタムラサキウニの密度と殻径組成調査および年齢査定用のサンプル採集を10月に行い、ライン近傍でホンダワラ類葉上動物サンプルの採集を7月に行う。また、このうち地点Aでは、7月に枠内の海藻被度調査と小型巻貝類サンプルの採集も行う。7月、10月ともに生物調査時に水質の鉛直分布の計測と、砂泥の堆積している地点では分析用砂泥の採取を行う。