次世代シーケンサーを活用した最先端DNA多型分析の手法の開発と遺伝的多様性調査

詳細表示

実施年度

2014

タイトル

次世代シーケンサーを活用した最先端DNA多型分析の手法の開発と遺伝的多様性調査

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ2 宮城県沿岸域における生態系保全調査
代表者吾妻 行雄
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2014/06/01-2015/03/31
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細仙台湾、日本沿岸
調査種別
調査種別その他
調査概要
次世代シーケンサー IonTorrentPGM を用いて DNA マーカーを開発し、大規模 DNA 分析により遺伝的多様性を評価するための方法論を確立する。対象とする生物種は、昨年度から解析を進めている東北地方の水産重要種であるマコガレイPseudopleuronectes yokohamae の他、シロザケ Oncorhynchus keta、海藻のアラメ,ホヤ,アワビ等の無脊椎動物を今後予定している。これらの生物の地理的・時間的遺伝的変異性とその変化を評価する。