牡鹿半島周辺海域における魚類生息および資源調査

詳細表示

実施年度

2014

タイトル

牡鹿半島周辺海域における魚類生息および資源調査

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ3 宮城県沿岸域における漁業生物および干潟生物調査
代表者片山 知史
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2014/04/01-2015/03/31
調査頻度1~2月毎に1回調査
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細女川湾(金華山周辺水域、志津川湾を含む)
調査種別
調査種別フィールド調査
調査概要
①湾内において、筒・カゴ、刺網を用いた底魚とベントスの採集調査を行う。主要漁業対象種については、耳石を用いた年齢査定を行い、Age-length keyを作成する。②女川魚市場の刺網とカゴによる漁獲物の市場調査を行う。体長測定と尾数計数を行い、市場伝票整理および1.で得られるAge-length keyを基に、主要魚種の年齢組成、年級組成を推定する。③定置網(金華山周辺と志津川湾)の操業実態を、標本船に操業日報の記載を依頼して調査し、経年変化の把握に取り組む(データ入力と解析)。