三陸沖合における海洋生態系変動メカニズムの解明

詳細表示

実施年度

2014

タイトル

三陸沖合における海洋生態系変動メカニズムの解明

課題・テーマ

課題3 沖合底層生態系の変動メカニズムの解明
代表機関:海洋研究開発機構
テーマ2 海洋環境変動のモニタリング
代表者渡邉 修一
所属機関海洋研究開発機構
所属部署東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2014/06/23-2014/07/25
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細三陸沖:37°50′N~40°00′N及び141°30′E~143°15′Eで囲まれる範囲内(水深50~2,000m)
調査種別
調査種別調査航海
調査概要
昨年度に引き続き「東北マリンサイエンス拠点形成事業(海洋生態系の調査研究)」の一貫として,三陸沖合における海洋生態系変動メカニズムを解明することを目的に下記の調査を実施した。・ 「なつしま」搭載のマルチビーム音響測深機(MBES:Seabat8160),合成開口ソナー(SAS: synthetic aperture sonar)を用いた高精度の海底地形および海底探査・ 長期海洋環境モニタリングシステム(ランダー)の設置(1000m)と回収(300m)・ ソナー異常が見られた沈船らしき物体の調査・ セジメントトラップ回収・ 海洋環境計測(XCTDグリッド調査,表面海水のモニタリング調査など)・ バイオトラッキングシステムを用いた,水産資源生物の分布・行動調査(ピンガー取付け生物採集と放流,現場ピンガー取付け試験,ADCPを用いた環境調査)・ 高解像度の海底3Dマッピング調査(SeaXerocks:高高度3Dマッピング,Serpent高精度3Dマッピング・ 生物採集,採水,採泥(コア),瓦礫採集など