岩手県南部海域における魚類の再生産に関する実態調査

詳細表示

実施年度

2014

タイトル

岩手県南部海域における魚類の再生産に関する実態調査

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ5 岩手県南部海域における海洋環境の現状調査
代表者加戸 隆介
所属機関北里大学
所属部署海洋生命科学部

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2014/04/01-2015/03/31
調査頻度毎月1回
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細越喜来湾・大槌湾・野田湾・盛川
調査種別
調査種別フィールド調査
調査概要
東日本大震災が魚類の再生産に与えた影響とその後の回復過程、および防潮堤工事等の影響を把握することを目的として、越喜来湾の砕波帯やアマモ場に設定した定点において仔稚魚の出現動態を調べた。また、浪板海岸のアマモ場の面積測定と防波堤におけるホヤの個体数を調査した。盛川ではアユの天然遡上数を調べた。大槌湾と野田湾においては、ヒラメ稚魚の出現動態を調べた。