音響機器を用いた海域調査

詳細表示

実施年度

2013

タイトル

音響機器を用いた海域調査

課題・テーマ

課題3 沖合底層生態系の変動メカニズムの解明
代表機関:海洋研究開発機構
テーマ1 漁場における瓦礫マッピングと分解プロセスの解明
代表者藤原 義弘
所属機関海洋研究開発機構
所属部署東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2013/11/18-2014/01/31
2014/01/15-2014/03/31
調査頻度女川湾での調査(11/18~1/31)、広田湾での調査(1/15~3/31)
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細女川沖、広田湾沖
調査種別
調査種別フィールド調査
調査概要
「海底環境の変動」に関する研究の基礎資料とするため、音響機器を用い海底地形、海底下浅層構造調査を行い高精度データを取得するものである。大型の機構船舶では調査が困難な水深約50m~120m海域付近の調査を行う。