KY15-08 調査航海

詳細表示

実施年度

2015

タイトル

KY15-08 調査航海

課題・テーマ

課題3 沖合底層生態系の変動メカニズムの解明
代表機関:海洋研究開発機構
テーマ1 底層生態系変動解析並び環境影響評価
代表者藤原 義弘
所属機関海洋研究開発機構
所属部署東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2015/05/02-2015/05/20
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細東北沖太平洋
調査種別
調査種別調査航海
調査概要
「かいよう」装備のマルチビーム音響測深機(SEABEAM2112)を用いて、これまでにデータが得られていない海域を中心に音響探査を実施し、海底地形図を作成する。また、「ハイパードルフィン」を用いて、瓦礫分布・水産資源生物の現存量評価のためのステレオ視カメラによる画像マッピング、巨大瓦礫の観察、水産資源生物の行動解析を行うためのバイオトラッキングシステムの設置・回収、沖合漁場環境変動を長期的に把握するためのモニタリングシステムの回収・再設置、瓦礫の分解プロセスを解明ための瓦礫採集、水産資源生物を含む底生生物の群集構造や栄養段階の把握、有害物質の生物濃縮状況等を明らかにするための生物採集、環境モニタリングのための採水や採泥等を行う。