沿岸底生魚類の動態と個体群診断調査

詳細表示

実施年度

2014

タイトル

沿岸底生魚類の動態と個体群診断調査

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ2 宮城県沿岸域における生態系保全調査
代表者吾妻 行雄
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2014/04/01-2015/03/31
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細東北沿岸、日本海、オホーツク
調査種別
調査種別その他(遺伝解析)
調査概要
(1)背景・目的 地震・津波の影響にかかわらず、沿岸の海産生物は温暖化による地球環境変化の影響を受けてきた。2011年3月11の震災の影響をみるためには、過去数十年の異なる地点での個体数動態を解析し、分布・個体数の変化をみる必要がある。本研究では、沖合底びき網漁業漁場別漁獲統計資料を利用し、数の動態データの傾向と要因解析を行い、温暖化などの地球環境変化および震災・地震の影響を明らかにする。また、太平洋マダラに焦点を当て、以下を明らかにすることを目的とする。(1) RAD-seqによりゲノムワイドなSNPマーカーを開発し、環境適応に関する遺伝子マーカーを検出する。環境適応にリンクするSNPマーカーを用いて、太平洋マダラ個体群の環境への影響評価手法を開発する。(2)方法個体数動態解析 ・1993年から2012年の沖合底びき網漁業漁場別漁獲統計資料、JCOPEから得た各海域での海水温,塩分濃度、潮流などを用いて、底生魚類(タラ類、ヒラメ類、カレイ類)7種の分布変化および個体数動態を解析した。本年度は、比較として、東北沖の他、道東、オホーツク海、日本海の資料も入手し、解析した。・そのために、まず、一般化線形モデルによるCPUE(単位努力量当たり漁獲量)の標準化を行い、CPUEに影響する要因を考慮した相対的な漁獲量を算出した。・一般加法モデル(GAM)を用いて、水温、塩分、深度、年が標準化CPUEに与える傾向を検出した。太平洋マダラの遺伝的集団構造解析・東北沿岸、北海道沖、日本海沿岸の計19地点から合計234個体のサンプルから、次世代シークエンサーIllumina HighSeqを用いたRAD-seq解析を行った。総計12942のSNPが得られた。この中から、集団に共通なSNPを所得し、さらにMinor alleleを除去した2563から389のSNPを用いて集団遺伝解析および自然選択を受けているSNPの検出を試みた。