岩手県南部海域における漁業対象生物の遺伝的集団構造の調査(アワビ、ナマコ、ウニ)

簡易表示

実施年度

2014

タイトル

岩手県南部海域における漁業対象生物の遺伝的集団構造の調査(アワビ、ナマコ、ウニ)

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ5 岩手県南部海域における海洋環境の現状調査
代表者加戸 隆介
所属機関北里大学
所属部署海洋生命科学部

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2014/04/01-2015/03/31
調査頻度サンプリングは年数回、分析は随時
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細岩手県唐丹湾・越喜来湾
調査種別
調査種別その他(フィールドでの採集および研究室内での分析)
調査種別詳細エゾアワビ、マナマコ、キタムラサキウニの遺伝学的調査
調査概要
エゾアワビ、マナマコおよびキタムラサキウニは、三陸沿岸漁業を支える重要種である。これらの漁業は天然資源に依存しており、東日本大震災が天然海域に及ぼした影響を調べることは重要である。津波の影響により親集団の個体数が減少し、その結果遺伝的多様性の減少が予想される。本研究では、集団の衰弱を引き起こす遺伝的多様性の低下をモニターするために、マイクロサテライトDNAおよびミトコンドリアDNAを指標として、遺伝的集団構造を震災前後の年齢群間で比較検討した。

調査実施内容

調査結果
マナマコ、エゾアワビおよびキタムラサキウニのマイクロサテライトDNA座およびミトコンドリアDNA領域を用いた集団遺伝学的なデータを得た。マナマコに関しては、震災後の集団で極度な近交または遺伝的異集団の大量移入はなかったと考えられた。しかしながら震災後に生まれた群でアリル数の減少傾向が見られた。また、ハプロタイプ多様度の値は、震災前に比べて震災後の集団で減少する傾向が見られた。以上より、津波により従前集団個体の大量死または分散により集団が縮小した可能性が示唆された。エゾアワビの親集団においては、震災後3年経過した時点での津波による強い瓶首効果の影響は受けていないことが示唆された。一方キタムラサキウニに関しては、震災前集団でホモ接合体過剰が見られ、既に近交の傾向を示していた。今後これら3種について、震災後のデータを加えつつ詳細に検討していく予定である。

調査項目と取得データ

調査項目取得データ・サンプル
エゾアワビ震災前出生群の遺伝的調査取得データ:msDNA座におけるアリル頻度、アリル数、ミトコンドリアDNAにおけるハプロタイプ。サンプル:岩手県唐丹湾・越喜来湾産エゾアワビ(推定5~7歳)
マナマコ震災前後出生群の遺伝的調査取得データ:msDNA座におけるアリル頻度、アリル数、ミトコンドリアDNAにおけるハプロタイプ。サンプル:岩手県唐丹湾産マナマコ(推定1~4歳以上)
キタムラサキウニ震災前出生群の遺伝的調査取得データ:msDNA座におけるアリル頻度、アリル数、ミトコンドリアDNAにおけるハプロタイプ。サンプル:岩手県唐丹湾産キタムラサキウニ(推定3~5歳)

関連情報

実施(調査)窓口担当者


担当者名森山俊介
所属機関北里大学
所属部署海洋生命科学部

担当者名奥村誠一
所属機関北里大学
所属部署海洋生命科学部

キーワード

実施年度2014
機関北里大学
調査種別その他
海域区分三陸南部
分野
海洋生物・生態系生態
海洋生物・生態系対象生物:軟体動物