大槌湾における付着生物調査

詳細表示

実施年度

2013

タイトル

大槌湾における付着生物調査

課題・テーマ

課題2 海洋生態系変動メカニズムの解明
代表機関:東京大学大気海洋研究所
テーマ2 地震・津波による生態系攪乱とその後の回復過程に関する研究
代表者河村 知彦
所属機関東京大学大気海洋研究所
所属部署国際沿岸海洋研究センター 生物資源再生分野

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2013/04/01-2014/03/31
調査頻度3ヶ月毎
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細大槌湾
調査種別
調査種別フィールド調査
係留系・観測ブイ
調査概要
大槌湾の異なる調査地点に水温ロガーを付属した付着板を水深5 m間隔で設置することにより,各地点における付着生物相の季節変化を調査する.