海産二枚貝類の人為催熟のための内分泌調節メカニズムの解明とその応用

詳細表示

実施年度

2015

タイトル

海産二枚貝類の人為催熟のための内分泌調節メカニズムの解明とその応用

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ4 宮城県沿岸域における増養殖環境調査と水産増養殖技術の開発
代表者尾定 誠
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2015/04/01-2016/03/31
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細女川湾およびその他実験海域
調査種別
調査種別その他
調査概要
二枚貝類の配偶子形成を上位で支配する神経ペプチドや内分泌関連遺伝子を種々の海産二枚貝類で同定し、内因性のホルモンよって誘導される生殖関連遺伝子群の同定を試みる。具体的には遺伝子クローニングや次世代シーケンサーによる網羅的な解析、さらには公開されているトランスクリプトームリソースを用いた解析の実施を計画している。また神経ペプチドによる人為催熟に向けた、合成ペプチドのin vivo投与も行うことで配偶子形成に及ぼす効果の検討を行う予定である。一方、海産二枚貝類の配偶子放出を抑制的に支配する神経タンパクの構造機能を明らかにし、卵や精子における産卵誘発ホルモン(セロトニン)との関係と作用機序を検討するため、タンパク質発現系を用いた融合タンパク質の作製を試る。