漁場環境と底生生物に関する調査

詳細表示

実施年度

2015

タイトル

漁場環境と底生生物に関する調査

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ1 宮城県沿岸域における漁場環境調査
代表者遠藤 宜成
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2015/04/01-2016/03/31
調査頻度調査頻度:毎月1回調査
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細宮城県三陸南部海域
調査種別
調査種別フィールド調査
調査概要
震災後における宮城県三陸南部海域における有害物質、重金属類等の底質、および底生生物の調査を行い、震災前のデータと比較することで、漁場および海底環境に与えた震災の影響を明らかにするとともに、漁場環境および底生生物も含めた海底環境の回復過程を明らかにすることを目的とする。具体的には以下の通りである。1 底質環境(粒度組成、有機物量、硫化物量)を経時的に調べ、養殖場の有機物量の変化等から、養殖が海底環境に与える影響を明らかにする。2 津波による底生生物の分布および群集構造の変化と回復過程を明らかにする。3 ホタテの成長を指標とした養殖環境のモニタリング。4 アサリ、マボヤ、ウニ類の養殖場の適地の検討