宮城県沿岸域における湾内の海水流動調査

詳細表示

実施年度

2015

タイトル

宮城県沿岸域における湾内の海水流動調査

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ1 宮城県沿岸域における漁場環境調査
代表者遠藤 宜成
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2015/04/01-2016/03/31
調査頻度年1~3回
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細女川湾、志津川湾、追波湾、気仙沼湾
調査種別
調査種別フィールド調査
調査概要
震災後の海洋環境及び漁場環境の回復過程を把握するため、宮城県沿岸域の湾において海水流動調査と水質調査を実施し、震災後の湾内の海水流動を把握するとともに、海水流動が及ぼす海洋環境と漁場環境への影響を明らかにする。