沿岸底生魚類の動態と個体群診断調査

詳細表示

実施年度

2015

タイトル

沿岸底生魚類の動態と個体群診断調査

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ2 宮城県沿岸域における生態系保全調査
代表者吾妻 行雄
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2015/04/01-2016/03/31
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細東北沿岸、日本海、オホーツク
調査種別
調査種別その他(遺伝解析)
調査概要
(1)背景・目的 地震・津波の影響にかかわらず、沿岸の海産生物は温暖化による地球環境変化の影響を受けてきた。2011年3月11の震災の影響をみるためには、過去数十年の異なる地点での個体数動態を解析し、分布・個体数の変化をみる必要がある。本研究では、まず、沖合底びき網漁業漁場別漁獲統計資料を利用し、数の動態データの傾向と要因解析を行い、温暖化などの地球環境変化および震災・地震の影響を明らかにする。さらに、同種内で個体数が増大している地域と減少している地域がある種を特定し、それらを用いて網羅的遺伝子解析を行い、環境変化の影響によって個体数の変化に関係する遺伝子群を検出する。また、青森沖で捕獲されたマダラが基準を超える放射線が検出されたこに関連し、分子マーカーを用いて、マダラの移動分散を調べる。(2)方法・沿岸底生魚類の分布変化と動態変化の解析:1996年からの太平洋北区、北海道、日本海区沖合底びき網漁業漁場別漁獲統計資料、各海域での底水温、塩分濃度、溶存酸素量、クロロフィル量などを用いて、底生魚類(タラ類、ヒラメ類、カレイ類)7種の分布変化および個体数動態をGAMMを用いて解析したが、本年度は時空間動態モデルによる解析を行い、環境要因や漁獲数が漁獲高に与える効果を推定する。これにより、時空間自己相関の影響を除去し、環境変化による応答を予測するモデルを作成する。・本年度は、これまでに検出された1万のSNPマーカーを調べ、集団間で異なる選択を受けているSNPを探索する。また、温度、クロロフィル量、塩分濃度、溶存酸素量などと関連するSNPを探索する。また、これまでに温度適応に関係しているとみなされているヘモグロビンの遺伝子および遺伝子間領域の多型の検出を行う。・漁獲統計を用いた結果と環境と対応するSNPを用いて、今後の環境変化にどう漁獲高が影響を受けるかを予測するモデルを構築する。