宮城県沿岸域の栄養塩環境と低次生産の調査

簡易表示

実施年度

2015

タイトル

宮城県沿岸域の栄養塩環境と低次生産の調査

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ1 宮城県沿岸域における漁場環境調査
代表者遠藤 宜成
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2015/04/01-2016/03/31
調査頻度毎月1回
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細主に女川湾、そのほか宮城県沿岸
調査種別
調査種別フィールド調査
調査種別詳細栄養塩調査、植物・動物プランクトン調査、一次生産の測定
調査概要
女川湾では東日本大震災後、微生物環構成生物の現存量が減少しており、海洋生態系が大きく変化した可能性がある。そこで栄養塩濃度、植物プランクトン種組成、動物プランクトン種組成を調査する。さらに女川湾のSt.1では一次生産の測定に加えて、動物プランクトンで卓越するカイアシ類の二次生産、三次生産を測定する。以上の調査より、低次生産層の変化とその原因を究明する。また高次生産に移行する物質量を推定する。女川湾以外の宮城県沿岸域でも栄養塩濃度とプランクトン種組成を調査する。以上の知見から宮城県沿岸域の生態系の回復過程をモニタリングする。

調査実施内容

調査地域・海域の座標一覧
位置情報(点)
名称1
座標値38.44123,141.4586
位置情報(点)
名称3
座標値38.4295,141.4788
位置情報(点)
名称6
座標値38.4237,141.52158
位置情報(点)
名称8
座標値38.42397,141.56317
位置情報(点)
名称11
座標値38.40182,141.4749
調査結果
女川湾全体の栄養塩のうちDIN(溶存態無機窒素、硝酸+亜硝酸+アンモニア)は2012年からほぼ同様の濃度で推移した。すなわち秋~初春にかけて増加し夏季には3 micro-M以下に減少した。リン酸とケイ酸は2012年に低濃度だったが、2013年以降濃度が増加した。リン酸は2015年には夏~秋にかけての長期にわたり0.1 micro-M以下の低濃度であった。クロロフィルa濃度は2012年には大変低かったが2013年以降増加した。春と秋に高い値が見られ、2014年が最も高濃度だった。動物プランクトン個体数密度はやはり2012年に低く、その後増加した。春~秋にかけて多く、そのピークはクロロフィルaのピークから1~3ヶ月遅れて見られた。クロロフィルaと同様に2014年に最も多かった。
 湾奥における一次生産は34.8~740.6 mgC/m^2/dの範囲で変動した。カイアシ類による二次生産は0.13~4.83 mgC/m^3/dの範囲で変動した。

調査項目と取得データ

調査項目取得データ・サンプル
水質調査水温、塩分、pH、DO、クロロフィルa、透明度、栄養塩の変動
プランクトン調査植物プランクトンおよび動物プランクトンの種組成と生物量
生産性調査一次生産、カイアシ類による二次生産と三次生産の定量

関連情報

実施(調査)窓口担当者


担当者名西谷豪
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

キーワード

実施年度2015
機関東北大学
調査種別フィールド調査
海域区分三陸南部
分野
海洋物理水温
海洋物理塩分
海洋物理透明度・濁度
海洋化学溶存酸素
海洋化学栄養塩
海洋化学その他
海洋環境栄養塩
海洋環境透明度
海洋環境基礎生産量
海洋生物・生態系生態
海洋生物・生態系対象生物:プランクトン