生態系ハビタットマッピングに利用するデータの収集

詳細表示

実施年度

2016

タイトル

生態系ハビタットマッピングに利用するデータの収集

課題・テーマ

課題3 沖合底層生態系の変動メカニズムの解明
代表機関:海洋研究開発機構
沖合底層生態系の変動メカニズムの解明
代表者藤原 義弘
所属機関海洋研究開発機構
所属部署東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2016/04/01-2017/03/31
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細北太平洋東北沖と沿岸
調査種別
調査種別その他(生物分布推定)
調査概要
研究チームでは、GISを利用して東北地域の沿岸から深海における海洋生物の分布状況と生息環境の情報を収集整理し、津波が海洋生態系に与えた影響を調べている。この目的のため、TEAMSの調査航海に加えて、研究機関のデータベースや他の研究調査プロジェクトなどから種々のデータ(海底地形や地理上の特徴、海底地質、ベントス分布など)を収集している。今年度は特に魚類の分布情報の収集と予備的な分布の推定を予定していた。