雄勝湾におけるホタテガイ養殖の環境収容力

詳細表示

実施年度

2016

タイトル

雄勝湾におけるホタテガイ養殖の環境収容力

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ2 三陸および仙台湾沿岸域の漁場管理法の策定と漁業復興支援への取り組み
代表者尾定 誠
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科
代表者原 素之
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2016/04/01-2017/03/31
調査頻度年1回
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細雄勝湾のホタテ養殖筏2定点とリモート水質監視装置設置1定点
調査種別
調査種別フィールド調査
係留系・観測ブイ
調査概要
雄勝湾の2定点に垂下養殖されているホタテガイを上層・下層に分けて、貝殻と軟体部の各部位の大きさ・重量・重量比を調べ、震災前との比較から成育状況を評価する。今年度の雄勝湾全体のホタテガイ養殖施設と垂下ホタテガイの復旧状況並びに生産量から割り出した、1連あたりの生産量からも成育状況を評価する。養殖環境として低次生産を担う植物プランクトン現存量をクロロフィルaとして評価し、垂下養殖期間中の湾全体としての餌料環境の評価を試み、餌料環境と成育状況評価から環境収容量を検討する。また、この雄勝湾水域のクロロフィルa濃度の評価への衛星リモートセンシングデータの有効性を評価することを、定線観測や水質環境リモート監視機能を持つ観測ブイによる定点観測データと比較することによって評価する。