三陸沖合における海洋生態系変動メカニズムの解明

詳細表示

実施年度

2016

タイトル

三陸沖合における海洋生態系変動メカニズムの解明

課題・テーマ

課題3 沖合底層生態系の変動メカニズムの解明
代表機関:海洋研究開発機構
沖合底層生態系の変動メカニズムの解明
代表者藤原 義弘
所属機関海洋研究開発機構
所属部署東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2017/03/12-2017/03/31
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細三陸沖
調査種別
調査種別フィールド調査
調査航海
調査概要
本航海では、豊富な三陸沖合の資源を支える環境を理解することを目標とし、より長期間の海底環境データを取得する。また、海洋観測、FRRF-RINKOプロファイラーによる基礎生産量の測定、魚探による生物分布調査、NORPACネットによるプランクトンの採取、マルチナロービーム音響測深機による海底地形測定、サイドスキャンソナー(SSS)を用いた底質調査、サブボトムプロファイラーを用いた地層調査を通して環境状況の理解を進める。特に、2014年3月の新青丸航海(KS-14-3航海)では2014年2-3月期に津軽海峡を通過した例年と異なる水塊が三陸北部へ影響していることが見られたのでそれと対比するデータの取得を行う。KS-16-19航海で確認された福島沖の段差構造近傍(2016年11月22日に発生した地震の震源域付近)における地形・地質構造調査を実施する。