河口汽水域における漁業復興支援と漁場設計

詳細表示

実施年度

2017

タイトル

河口汽水域における漁業復興支援と漁場設計

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ2 三陸および仙台湾沿岸域の漁業復興支援と新しい漁業への取り組み
代表者尾定 誠
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科
テーマ2 三陸および仙台湾沿岸域の漁業復興支援と新しい漁業への取り組み
代表者原 素之
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2017/04/01-2018/03/31
調査頻度毎月1回
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細宮城県名取川河口
調査種別
調査種別フィールド調査
調査概要
震災後の名取川河口域の漁業生物、アサリ、ヤマトシジミ、アユの資源状態の把握と漁場環境特性の把握と漁業立て直しのサポートを実践する
1. 漁場物理環境特性(水温、塩分、水深、底質)解明のためのモニタリングを継続する
2. アサリ個体群の資源状態(分布密度、サイズ組成、食性)を解析する
3. ヤマトシジミ個体群の資源状態(分布密度、サイズ組成、食性)を解析する
4. 天然アユの遡上状態をモニタリングすると同時に生態的特性を解明する