三陸沿岸における持続的な栽培漁業を目指した遺伝的多様性調査

詳細表示

実施年度

2016

タイトル

三陸沿岸における持続的な栽培漁業を目指した遺伝的多様性調査

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ2 三陸および仙台湾沿岸域の漁場管理法の策定と漁業復興支援への取り組み
代表者尾定 誠
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科
代表者原 素之
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2016/04/01-2017/03/31
調査種別
調査種別その他(栽培漁業センター等で維持または生産されている栽培漁業対象種(アワビやマナマコ)の遺伝的多様性調査)
調査概要
三陸沿岸の重要な栽培漁業対象種であるエゾアワビやマナマコの天然集団の遺伝的多様性を保全するため、数多くの天然個体からなる親貝集団を用いた種苗生産方法により人工種苗の遺伝的多様性を野性集団と同等にする試みがなされている。一方、このような種苗の遺伝的多様性について調べた例はない。本研究は、岩手県の各地で維持されている天然由来のエゾアワビ親貝集団と放流用人工種苗のDNA分析を行い、遺伝的多様性を評価する。