三陸沖のEcopath生態系モデル構築へ向けた底生生物の食物組成データ作成のための底生生物サンプリング

詳細表示

実施年度

2017

タイトル

三陸沖のEcopath生態系モデル構築へ向けた底生生物の食物組成データ作成のための底生生物サンプリング

課題・テーマ

課題3 沖合底層生態系の変動メカニズムの解明
代表機関:海洋研究開発機構
沖合底層生態系の変動メカニズムの解明
代表者藤原 義弘
所属機関海洋研究開発機構
所属部署東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2018/02/01-2018/02/02
2018/02/20-2018/02/23
調査頻度調査期間内に5日程度
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細岩手沖
調査種別
調査種別調査航海
調査概要
岩手沖において岩手丸を用いて岩手県水産技術センターによって実施される着底トロール調査に同行し、底生生物を入手する。