大槌湾 海洋環境モニタリングリアルタイム中継

詳細表示

実施年度

2017

タイトル

大槌湾 海洋環境モニタリングリアルタイム中継

課題・テーマ

課題2 海洋生態系変動メカニズムの解明
代表機関:東京大学大気海洋研究所
テーマ5 物理過程と生態系の統合モデル構築
代表者田中 潔
所属機関東京大学大気海洋研究所
所属部署国際沿岸海洋研究センター 沿岸生態分野

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2017/04/01-2018/03/31
調査頻度リアルタイム
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細大槌湾
調査種別
調査種別係留系・観測ブイ

調査概要
三陸沿岸の養殖漁業や定置網漁業において、漁場に栄養分を運ぶ沿岸流の経路・量・組成等の実態解明に対する期待は、極めて高い。「大槌湾 海洋環境モニタリングリアルタイム中継」計画ではそうした沿岸流の実態解明を目的として、様々な海洋環境モニタリング装置を三陸沿岸に係留する。また、長期的な視点からの実態解明に加えて、現場での日々の漁活動にも大きく資することも目的として、取得データ(水温や気象データ)をリアルタイムで誰でも閲覧できるようにインターネットを介して配信する。