河口沿岸域における漁業の復興支援と漁場設計

詳細表示

実施年度

2017

タイトル

河口沿岸域における漁業の復興支援と漁場設計

課題・テーマ

課題1 漁場環境の変化プロセスの解明
代表機関:東北大学
テーマ2 三陸および仙台湾沿岸域の漁業復興支援と新しい漁業への取り組み
代表者尾定 誠
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科
テーマ2 三陸および仙台湾沿岸域の漁業復興支援と新しい漁業への取り組み
代表者原 素之
所属機関東北大学
所属部署大学院農学研究科

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2017/04/01-2018/03/31
調査頻度月1回
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細名取川河口域および仙台湾山元町地先
調査種別
調査種別フィールド調査
調査概要
①河口域の物理環境特性の解明と漁場環境シミュレーション(モニタリングの継続)
*データロガーを設置、水深・水温・塩分の長期連続観測を実施する。
*水温塩分の変化過程と潮汐・気象条件・地形との関係を解析する。
*流況のデータと漁場の底質環境(粒度組成,含泥率など)の関係を解析する。
②アサリ、ヤマトシジミ、イソシジミ、ハマグリなど二枚貝の分布実態の解明
*これまでと同様の手法で分布調査を行い,生息密度を求める。サイズ組成の変化、また、ほかの二枚貝、イソシジミやハマグリの分布実態の調査を実施して生態的特性を明らかにするとともに環境変化との関係を解析する。
③天然アユの個体群維持機構の解明
*これまで同様の遡上モニタリングに加えて、アユ漁場環境の特性と生態的特性の関係の解析を行う。
④ホッキガイ資源の評価
*瓦礫の分布の現状の把握とホッキガイの資源調査を実施し、ホッキガイの資源量の推定をする。