巨大津波による三陸沿岸生態系の擾乱とその回復過程に関する研究(震災対応)

詳細表示

実施年度

2018

タイトル

巨大津波による三陸沿岸生態系の擾乱とその回復過程に関する研究(震災対応)

課題・テーマ

課題2 海洋生態系変動メカニズムの解明
代表機関:東京大学大気海洋研究所
テーマ3 震災に伴う沿岸域の物質循環プロセスの変化に関する研究
代表者福田秀樹
所属機関東京大学大気海洋研究所
所属部署国際沿岸海洋研究センター 沿岸保全分野
テーマ4 陸域由来の環境汚染物質の流入実態の解明
代表者小川 浩史
所属機関東京大学大気海洋研究所
所属部署海洋化学部門 生元素動態分野
テーマ5 物理過程と生態系の統合モデル構築
代表者田中 潔
所属機関東京大学大気海洋研究所
所属部署国際沿岸海洋研究センター 沿岸生態分野

調査内容

調査期間(調査頻度)
調査期間2018/07/22-2018/07/30
調査地域・海域
調査地域・海域の詳細大槌沖、釜石沖、女川沖
調査種別
調査種別調査航海
調査概要
東北三陸海域にて、東北マリンサイエンス拠点形成事業に関わる研究者により、浮遊生態系および底生生態系を中心にした総合的な観測を行う。大槌湾、釜石湾、女川湾およびその東方海域の定点において、
(1)自由落下曳航式CTD(UCTD)観測
(2)ADCP付ハイスピードリバーボート(HSRB)曳航による表層流速高解像度観測
(3)乱流計(VMP250)による乱流観測
(4)CTD観測及び採水
(5)NORPACネット及び小型リングネットによる動物プランクトン採取
(6)現場型懸濁粒子画像解析装置(LISST)による海中粒子観測
(7)マルチプルコアラーによる堆積物及び底生生物採取
(8)ビームトロールによる底生生物採取
(9)バケツ採水
(10)アウトリーチ活動(新青丸航海の広報)を目的としたドローンによる洋上での観測風景等の撮影
を行う。