簡易表示

ファイル情報

ファイル数1
フォーマット情報
フォーマットxlsx
フォーマット概要Excel file

データダウンロード

ファイル0118_D01.zip
ファイルサイズ0.26 MB
ファイルタイプzip

データについて

注釈・品質
最深部数10cmの濁度データは巻き上がった海底泥の影響を受けている可能性があるため、利用にあたり注意してください
データ利用条件
本データは調査研究を実施した東北大学に帰属します。
下記、東北大学サイトより「利用上の注意」を確認の上ご利用ください。
利用上の注意

調査情報

  • 調査期間 | 調査頻度
  • 2012/09/09 - 2012/09/15, 2012/12/13 - 2012/12/20, 2013/03/04 - 2013/03/10

  • 座標一覧
  • 位置情報(点)
    A
    38.43592,141.49412
    End point of a transect line
    位置情報(点)
    B
    38.43715,141.45878
    End point of a transect line
    位置情報(点)
    C
    38.41215,141.4753
    End point of a transect line
    位置情報(点)
    D
    38.40203,141.47023
    End point of a transect line
    位置情報(点)
    E
    38.39785,141.46963
    End point of a transect line
    位置情報(点)
    F
    38.41642,141.50237
    End point of a transect line
    位置情報(点)
    G
    38.40123,141.59757
    End point of a transect line
  • 調査・観測方法 | 解析・分析方法
  • 女川湾の7定点において多項目水質計により水温、塩分、溶存酸素、クロロフィルa量、濁度の鉛直観測を実施

  • 使用機器の名称・型式
  • AAQ1183-PT (Alec)

  • 使用機器の校正・精度
  • 機器の精度情報:
    ・深度:±0.3%FS
    ・水温:±0.02℃
    ・電導度:±0.02 mS/cm
    ・塩分:±0.03
    ・濁度:±0.3 FTU
    ・クロロフィル:±1%FS
    ・DO:±0.2mg/l

    データ管理者

    機関東北大学
    部署大学院農学研究科 水圏植物生態学分野
    氏名堀越彩香

    問合せ先

    名称課題4 東北マリンサイエンス拠点データ共有・公開機能の整備・運用
    機関データ管理機関
    Eメールtohoku_team6@jamstec.go.jp

    キーワード

    調査期間2012年 / 9月
    2012年 / 12月
    2013年 / 3月
    課題課題1 / テーマ2
    機関東北大学
    プラットフォームその他
    データタイプ物理 / 水温
    物理 / 塩分・密度
    物理 / 電気伝導度
    物理 / 蛍光
    物理 / 濁度
    化学 / 溶存酸素
    化学 / pH
    手法観測 / 水温センサー
    観測 / 塩分センサー
    観測 / 電気伝導度センサー
    観測 / 蛍光光度計
    観測 / 濁度計
    観測 / 溶存酸素計
    観測 / pHセンサー
    都道府県宮城県
    調査地域湾・浦 / 女川湾
    調査環境水深帯 / 表層
    水深帯 / 中層
    水深帯 / 底層

    公開日

    2015/08/11

    最終更新日

    2015/08/11

    引用

    堀越彩香 (2015) . データセット:CTD Onagawa (St A-G) 1209-1303. 東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」”TEAMSデータ案内所「リアス」”. http://www.i-teams.jp/catalog/rias/metadataDisp/0118_D01?lang=ja. 参照:YYYY-MM-DD