東北マリンぷれぃやーs 研究者にインタビュー

研究者って気むずかしそう? 本当はどんなことを考えていて、どんな人たちなの?
東北の海では何を調べているの? ここを読めば、グッと研究者たちが身近になります。

伊藤 元裕 ITO Motohiro
「海鳥の目からサケの謎に迫る」
サケの研究グループで海鳥を研究する。ちょっと異端な存在にも思えますが、最近、にわかに浜のサケ漁師さんたちを騒がせる存在、それが海鳥です。 大槌町で、漁師さんや町の人たちの話を聞くと、「放流したサケは川で九割が海鳥に食われてしまう」という驚きの話もあり、それが事実であればすぐに手を打たなければなりませんし、そうでなかったとしても実態を正確に把握して対応を考える必要があります。・・・
記事ページへ

アーカイブ

HOMEに戻る