東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」- TEAMS

トピックス
小型無人探査機「クラムボン」の整備
2013.01.23 トピックス

海洋研究開発機構では、本事業の調査観測を行うために小型無人探査機「クラムボン」を整備しました。

この調査観測機器を用いて、東日本大津波によって海に流された「がれき」の海底での分布状況や「がれき」がどのように分解されていくのかを観察するとともに、「がれき」周辺に集まる生物の観察や採集などを行っていきます。

※ この名前は、岩手県出身である宮沢賢治の短編童話「やまなし」の中で、蟹の子供たちの会話に出てくる「クラムボン」に由来して名付けられました。

大きさ:
1200(L)x800(W)x700(H)mm
重さ:
約210kg
主要搭載機器:
ハイビジョンカメラ
マニピュレータ
スラープガン(生物吸引装置)
CTD/DO(塩分、水温、圧力計、溶存酸素の測定器)
全周探査ソナー

一覧に戻る