東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」- TEAMS

トピックス
長期環境計測機器の設置情報(第十八海工丸)
2013.03.25 トピックス
船舶名
調査船 第十八海工丸
期間
2013年3月12日~2013年3月17日
首席研究員
笠谷 貴史(海洋研究開発機構)

3March

2013

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カレンダーの日付をクリックするとその日の日報が表示されます

設置内容

平成24年 3月12日(火)

海洋研究開発機構では、沖合い底層の長期環境計測ランダーを設置しましたことをお知らせいたします。ランダーの設置に関する情報は以下のとおりです。また、取得されましたデータは品質管理後に公表する予定です。

設置日時:
2013年3月12日 09:33(JST)設置
設置地点:
39° 19.98′ N, 142° 9.99′ E (測地系WGS84) 水深300.0m
観測項目(頻度):
流向・流速、水温、電気伝導度、水深、濁度、溶存酸素濃度(測定頻度:一時間に一回)
海底のスチル撮影(撮影頻度:一日に一回)
海底のハイビジョンビデオ撮影[3分間](撮影頻度:一週間に一回
設置期間:
7ヶ月
回収予定:
平成25年度に海洋調査船「なつしま」により回収する予定
  • 沖合い底層長期環境計測ランダーの外観

    沖合い底層長期環境計測ランダーの外観

一覧に戻る