東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」- TEAMS

トピックス
「クラムボン」航海日報
2013.03.06  トピックス
機器名
小型無人探査機「クラムボン」
期間
2013年2月10日~2013年2月16日
首席研究員
土田 真二(海洋研究開発機構)

※「クラムボン」についての説明は こちらをご覧ください。

2February

2013

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2

カレンダーの日付をクリックするとその日の日報が表示されます

調査航海日報
1日目

平成25年 2月10日(日)

海洋研究開発機構では、東北地方太平洋沖地震と津波による影響を受けた東北地方沖の漁業復興と持続的漁業のあり方について貢献することを目的として、海底地形・瓦礫の精密マッピングと海洋環境・生態系の調査を行っている。
今日から、小型無人探査機「クラムボン」の慣熟とガレキや生物分布の観察を行うための航海がはじまった。
今朝は、8時から塩釜港停泊の第七海工丸艤装を行ったが、クラムボン他調査機材は無事船に搭載できた。船上の取り回しなどに時間がかかったが、15時には塩釜港を出港した。
船上での動作確認等概ね良好、21時すぎには宮城・岩手県境界沖の調査海域に向け航行した。明日は慣熟訓練を主体におき、水深150m地点の潜航予定だ。
(by S.T)

関連情報

一覧に戻る