東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」- TEAMS

メディア(雑誌等掲載のお知らせ)

掲載紙 東海新報(7面)
掲載日 2014年3月5日
出版社 東海新報社
内容

海洋研究開発機構が実施する調査観測の紹介などが「 被災松今も広田湾内に 海洋研究開発機構などによる海底環境調査で分かる (※外部リンク)」として掲載されました。

 

掲載紙 産経新聞(朝刊1面)
掲載日 2014年1月4日
出版社 産経新聞社
内容

海洋研究開発機構が実施する調査観測の紹介などが「海洋機構 発信機付け漁場把握、復興支援 三陸沖のカニを追え」として掲載されました。

 

掲載紙 産経新聞(大阪・朝刊2面)
掲載日 2014年1月4日
出版社 産経新聞社
内容

海洋研究開発機構が実施する調査観測の紹介などが「ズワイガニ 初“密着”調査 三陸沖深海底漁場回復狙い」として掲載されました。

 

掲載紙 岩手日報
掲載日 2013年11月3日
出版社 岩手日報社
内容

海洋研究開発機構が実施する調査観測の紹介及びTEAMSの課題3・テーマ1代表者の藤原義弘上席技術研究員のインタビューなどが、「人工物 生物の足場に」・「深海に迫る独自技術」と して岩手日報に掲載されました。

 

掲載紙 毎日jp
掲載日 2013年10月31日
出版社 毎日新聞社
内容

東北海洋生態系調査研究船(学術研究船)「新青丸」の紹介や、TEAMSの課題2代表者の木暮一啓教授(東京大大気海洋研究所)のインタビューなどが「東日本大震災:三陸海洋調査に新造船 『新青丸』1 2月初航海、漁業復興に観測生かせ」として掲載されました。

 

掲載紙 日本経済新聞(Web版)
掲載日 2013年10月27日
出版社 日本経済新聞出版社
内容

TEAMSの課題2の「テーマ2 地震・津波による生態系撹乱とその後の回復過程に関する研究」において実施しているオオミズナギドリ調査の様子が 「 謎多き海鳥を追う研究者 三陸の無人島に翼羽ばたく」 (※外部リンク)として掲載されました。

※日本経済新聞電子版の閲覧には登録(無料)が必要です。

 

掲載紙 日本経済新聞(Web版)
掲載日 2013年10月27日
出版社 日本経済新聞出版社
内容

TEAMSの課題2の「テーマ2 地震・津波による生態系撹乱とその後の回復過程に関する研究」において実施しているウミガメ調査の様子が 「三陸のウミガメ研究者たち」 (※外部リンク)として掲載されました。

※日本経済新聞電子版の閲覧には登録(無料)が必要です。

 

掲載紙 日本経済新聞(Web版)
掲載日 2013年10月25日
出版社 日本経済新聞出版社
内容 TEAMSでの活躍を期待される東北海洋生態系調査研究船(学術研究船)「新青丸」や小型無人探査機「クラムボン」の紹介が、 「 東北の漁場を救え ハイテク満載、世界最先端の調査船が始動」 (※外部リンク)として日本経済新聞に掲載されました。


※日本経済新聞電子版の閲覧には登録(無料)が必要です。

 

掲載誌 Science
掲載日 2013年5月3日
出版社 Science誌
内容 東北マリンサイエンス拠点形成事業の取り組みと、2013年3月23~24日に仙台と女川で行われた第10回国際シンポジウム『東北地方における沿岸生態系と漁業の復興をめざして:ス マトラ沖地震の事例から学ぶ Restoration of Coastal Ecosystems and Fisheries in Tohoku District: Lessons from Northern Sumatra Earthquake and Tsunami Disasters』が、 「Taking the Pulse of a Ravaged Ocean」 (※外部リンク)として紹介されました。

一覧に戻る