東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」- TEAMS

トピックス
東北海洋生態系調査研究船(学術研究船)「新青丸」、いよいよ始動へ
2013.08.02 トピックス

東日本大震災の影響を解明する多様な研究とともに、これまで東北マリンサイエンス拠点形成事業(TEAMS)の推進に活用されてきた 学術研究船「 淡青丸」 (※外部リンク)の後継船として建造していた東北海洋生態系調査研究船(学術研究船)「新青丸」が、平成25年6月30日に海洋研究開発機構へ引き渡されました。

 

「新青丸」には、船舶の推進装置となるアジマススラスターが2機あり、これにより船を高精度で一定の位置に保持すること(ダイナミックポジショニングシステム)ができます。また、多種多様な最先端の観測機器・可搬式研究設備を保有しており、東北沿岸・近海域においても効率的かつ効果的に海洋環境観測、海底地形調査、海洋気象観測などの総合的な研究観測を可能とします。

 

TEAMSでは、この最新鋭の研究船を用いて、本事業に必要となる調査研究を実施していきます。

  • 画像提供:JAMSTEC
画像提供:JAMSTEC
「新青丸」の主要目
全長:
66メートル
幅:
13メートル
満載喫水:
4.5メートル(ソーナードームを含め5.0メートル)
国際総トン数:
1,629トン
航海速力:
12ノット(最大13.2ノット)
最大搭載人員:
41名(うち研究者15名)
  • 気象海象観測装置
  • 気象衛星受画装置(NOAA-HRPT,LRIT)
  • 船体動揺船首方位測定装置(PHINS)
  • 表面海水塩分水温計
  • 計量魚群探知機・浅海用マルチビーム音響測深機
  • 深海用マルチビーム音響測深機
  • 全周型スキャニングソーナー
  • 精密音響測深器(PDR)
  • パラメトリックサブボトムプロファイラー
  • 多層式流向流速計(ADCP)
  • 海底地殻変動センサー測位用送受波器
  • 船上重力計
  • 船上三成分磁力計
  • プロトン磁力計
  • CTD センサー・カローセル式採水装置
  • 12L 採水器
  • ピンガー
  • トランスポンダー
  • XBT/XCTD 装置
  • 海底音響測位装置

一覧に戻る